クレジットカードとは、商品を購入する際の支払い方法の手段の一つとして使うカードの事で、利用代金を後で支払う後払方法となっています。

通常商品を購入する際には、欲しい商品をレジに持って行き、現金で支払いますがクレジットカードでの支払い後払なので現金をその場で持っていなくても購入できるということになります。もちろん、クレジットカードが利用できる店舗での取り扱いとなりますので注意してくださいね。

クレジットカードと最近ではよく聞く言葉ですが、実際クレジットカードの歴史って意外と分からないものですよね。クレジットカード誕生のきっかけは、約150年前にアメリカのある実業家がレストランで食事をした際に財布を忘れてしまい、支払いに困ったことだそうです。

現金を持ちあるかなくても食事ができるシステムにしようと1950年に世界初のクレジットカード会社を設立したそうです。

10年後には、日本の銀行などとの提携で日本にもクレジットカード会社が設立されました。「credit=クレジット」を日本語訳にすると「後払」や「掛け」の意味もあり当初はこの意味での使い方でしたが、他に「信用や信用する」と言う意味も持っていて、信用をもとに利用者とカード会社で契約が結ばれるという事になります

誰でも発行しカードが持てるわけではなく、職についているかなど調査をし、合格できればカードも持つ事ができます。クレジットカードを利用するってことは、「カード会社から一定期間、信用を得ている」ということになるようで「信用できる」ということになるのです。

クレジットカードの大きさ免許証とほぼ同じサイズで、財布のカード収納に入るようになっていて、表には発行会社のロゴやデザインに契約者の名前や契約者1人1人に付与される番号、有効期限が記載されています。裏には、署名欄やセキュリティコードなどがあり、紛失した際のお問い合わせ先なども記載されています。また、カードの表や裏面だけでなくクレジットカード内部にも契約者の情報等が記憶されています。

クレジットカードは、磁気ストライプだけのものと磁気ストライプとICチップが組み込まれたものが一般的に流通しています。磁気ストライプだけのカードだと買い物をした際に必ずサインが署名(サイン)が必要ですが、ICチップ組み込まれたカードは、買い物の際に暗証番号を入力するだけで簡単に支払いができより買い物がしやすくなります。

ICチップには磁気ストライプよりも膨大な情報を記憶させる事ができるので暗証番号での決済が可能になるのです。最近では、クレジットカードの機能だけでなく電子マネーやETC一体型などが付属されているクレジットカードも出てきています。クレジット会社はいかに長く利用してもらい、お金を落としてもらえるかなど考え便利なサービスを提供しているんですね。